NHKバレエの饗宴にも出演された ★゜・。。・゜゜・。。・゜★


(先日、書かせて頂きました SBA佐々木三夏バレエアカデミーの くるみ割り公演 について、ですが♪♪) くるみ割り人形の 3幕目、金平糖(こんぺいとう)の精を、 どなたが踊られるのかな~??という事も とても気になっておりました。 それが、今年の春・NHKバレエの饗宴のトリ、としても出演された 英国バーミンガムロイヤル・バレエ団の プリンシパル(最高位)ダンサーの 平田桃子さんに決まった、と聞いた時、 あまりにも嬉しくて『 やった~☆★☆!!!』と言いながら 2人とも、椅子から飛び上がってしまいました (≧▽≦) (≧▽≦) 桃子さんのバレエの特長は、まず、 難しい内容でも、楽々と、そして、とてもバランス良く、 精彩に踊られる点に 思えています。 桃子さんの 調整もさせて頂いたことがあるのですが、 とても気さくで、朗らかな方で、 桃子さんのインタビュー記事を、雑誌で拝見する度に、切り抜いて、 大事にラミネート加工までして 保存している私たちです(●^▽^●)(●^▽^●) 今から5年前、まだ 英国バーミンガムロイヤルの プリンシパル(最高位)になられる前の 桃子さんの舞台の映像を、発見しました。 (ちょっと見づらい映像ですが)、ご覧になってみたい方は、 上記の画面の、▼マークを、押してみて下さいませ♪♪

Recent Posts