大鵬、卵焼き


相撲の本を 始めて 読んだのですが、

とても厳しい世界で、驚きました。 稽古中、口の中に、塩や砂を入れられる??

(以下、『巨人、大鵬、卵焼き』の本P74から引用)  【へとへとに倒れこむと、口の中に塩を一つかみ ガバっと入れられる。

  またぶつかって気が遠くなりかけると、バケツの水をかけられ、

  砂を口の中にかまされる。】

こういう“厳しい稽古”は、もう今は昔の、過去の話し、なのかもしれませんが どちらにしても、強くなるのに こんな “徹底的なしごき” が 穏やかな日本人の国技!で行なわれていたなんて のんび~り、ゆっくり、暮らしたい私には、 すごい驚きです!!

(何かに秀でるのには、こんなに努力が必要、、って事なのでしょうか、、、)

Recent Posts